体調を整える3つのポイント

体調を整える3つのポイント!?

体調を整える3つのポイントを
紹介しています。

 

 

体調を整えるにはいくつかコツが
あるのですが、こちらでは3つの
ポイントを説明します。

 

 

どんなときに体調を整えようと思いますか?

 

 

本当に病気な時は別として、疲れが取れない時、胃腸の調子が悪い時、肌の調子が悪い時、
顔に湿疹などができてしまった時に、私は体調を整えなくてはといつも焦ります。

 

 

そんな時、まず1つ目に食事に配慮することです。

 

 

普段より野菜の量を増やして、緑黄色野菜からビタミンの摂取を心がけます。

 

 

ビタミンCはサプリメントなどではなく、果物や野菜から摂ります。

 

 

そして、特にミネラルは不足しがちなので、海藻類、ナッツ類、貝類を使った料理を増やします。

 

 

2つ目は、体の血行をよくするために、シャワーではなくゆっくりお湯につかりることです。

 

 

できれば温泉が一番いいです。
温泉にはリラックス効果もありますので、ストレスの多い生活から心身を休めるには最適です。

 

 

3つ目は、早めに布団に入って睡眠を多く取ることです。

 

 

質の良い睡眠を取るために、寝る前にホットミルク、ハーブティー、甘酒などを飲みます。

 

 

それでも気分が落ち着かないときは、ラベンダーのアロマオイルを枕カバーに数滴つけます。

 

 

重要なこととして、体調を整えたいときにはしばらくお酒は控えるべきです。

 

 

理由は、アルコールを体内に入れてしまうと体を回復させる免疫力が低下してしまい、睡眠の質を低下させてしまうからです。

 

 

私はこのようにしていつも体調を整えています。

 

生活リズムを一定に保ってみる

 

暑い夏は夜もゆっくりと寝れず、体調を崩してしまうこともありますが、私が実践している体調を整える方法をご紹介します。

 

 

ゆっくりと寝れないと初めに延べましたが、やはり体調を整える為に1番気を付けているのは睡眠です。

 

 

良く言われる寝る1時間前にはブルーライトを浴びないようにする、早めにエアコンをつけ、部屋の設定温度を下げておくといったこともですが、私が実践していることは眠り始める時間をできる限り一定に保つようにすることです。

 

 

具体的には夜22:00頃を目安に布団に入り、眠りにつくようにします。

 

 

これにより、疲労があると朝少しゆっくりと眠っても遅刻するということはありませんし、朝早く目が覚めてしまったとしてもゆっくりと出勤までの時間をとれるので、自分のしたい事を行うことができます。

 

 

私自身、この生活スタイルに変わってからは、冬になるとかかっていた胃腸炎にかからなくなりましたし、風邪を引いても高熱が出て何日も寝込むといったことがなくなりました。

 

 

仕事の都合上、そんな時間に寝れる訳ないと思われる方もあるかもしれませんが、ポイントは「できる限り早く寝る、生活のリズムを作る」ようにすることです。睡眠時間や寝始めの時間が一定でないことは、体内のリズムを崩し、日中の調子が出ないという経験をされたことがあるかと思います。

 

 

毎日が繰り返しで単調なリズムのように初めは感じるかもしれませんが、ふと体調を崩しにくくなったと気づく日があると思いますよ。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ